不動産投資とはなにか?

不動産投資とは、所有した不動産を運用し利益を得ること

不動産投資を始めませんか?という言葉はよく聞くけど、具体的にどういうことをやるの?という方も多いと思います。
端的に言うと、不動産を購入し、それを運用して利益を得ることが、その目的です。
一例を申し上げますと、単身向けのマンションを一棟単位で購入し、そこに入居する方々からの家賃収入が収益になる、ということです。
大学に立地が近いなど、借り手が多い物件なら、すぐに満室になることもあります。逆に、閑静な住宅街に建っているマンションであれば、10年以上住んで頂ける方も珍しくありません。
このように、マンションのオーナーさんになって、住んている方から頂くお金を毎月もらうことで、収入を増やすことが期待できるのです。

初めての方ほど、優秀な管理会社に管理の委託を

マンションの大家さんになるのは、もし全てを一人で賄うとしたら大変なお仕事です。お住まいの方に、一人ひとり気持ち良くお住まい頂くために、共用部分の清掃や、不具合の修理等、マンションのメンテナンスを行わないといけません。
もちろん、自分で全てを行うのは難しいので、それぞれ清掃は清掃会社に、メンテナンスはメンテナンス会社に、お願いしなければいけない場面が出てくるでしょう。
解決策の一つとして、管理会社にマンションの運営を委ねる、という方法があります。これは、自分の代わりにそのマンションの管理全般をお願いする対価として、修繕にかかった費用や、管理委託料等を、
毎月の家賃収入から差し引いて送金してもらうことで、管理会社が管理責任を引き受ける、というものです。
もし不動産投資をお考えなら、この点を最初に考慮することが大切です。